広告動画とは?

近年、スマートフォンの利用増加も含め、以前にも増して広告動画は増えてきており、またスマートフォンやタブレット、パソコン利用者が広告動画を目にする機会が増えてきました。今回はそんなさまざまな企業や団体が自社や商品などを知ってもらう為に利用している、広告動画についてみなさんにご紹介させていただきます。

少し馴染みがない言葉かもしれませんが、広告動画は大きく二つに分かれています。一つはインストリーム動画、もう一つはアウトストリーム動画と呼ばれる広告動画です。まずインストリーム動画と呼ばれる広告動画について説明します。このインストリーム動画とは、みなさんに分かりやすく説明するのであれば、誰でもアカウント登録をするだけで利用ができる動画投稿サイトのことを指します。実際に動画投稿サイトを利用されている方は分かるかと思いますが、自分が閲覧したい動画の本編が流れる前にその動画とは違う広告動画が流れるのですが、それがインストリーム動画です。インストリーム動画にも種類があり、その動画を全て閲覧しなければ本編が見られない広告動画や、全て見なくても途中でスキップできる広告動画などがあります。

次にアウトストリーム動画ですが、インストリーム動画とは異なり、インターネット上のWebメディアの広告枠に動画を配信するタイプのことをアウトストリーム動画と呼びます。分かりやすく説明すると、大手検索サイトなどに掲載するいわゆるインバナー広告と呼ばれる動画広告や、ブログ記事などに掲載され、その動画広告にポイントを当てると自動で動画が流れるインリード動画広告などがアウトストリーム動画と呼ばれる広告動画です。

Published by