効果的な広告動画①

広告動画を最も効果的に制作するのであれば、広告動画制作を行っている会社、つまり動画制作会社に依頼するのが最も効率的でかつ高いクオリティの広告動画を制作してくれることになるでしょう。そんな広告動画ですが、制作会社が広告動画を作る上で効果的なポイントがいくつかありますので、今回はそんな広告動画のポイントをみなさんにお伝えします。

まず、広告動画はその性質上、多くの場合ユーザーに見られないことが多い為、いかにしてユーザーの興味を広告動画に引かせるのかがポイントとなります。そのポイントの一つとして挙げるとするならば、あえて自社の会社名や商品名を出さないということがポイントと言えます。これはどういう意味かと言うと、広告動画の最初に会社名などを出すことで、ユーザーはもし知っている会社であれば既に知っているので見ない可能性がありますし、知らないユーザーは知らないから見ないという結論に瞬時に判断し、その広告動画をスキップしてしまいます。この心理を逆手に取り、企業名や商品名をあえて出さずに最後までどんな会社なのだろう、どんな商品なのだろう、と思わせ、最後に企業名や商品名を出し、ユーザーに認知してもらう広告動画はとても効果的です。

そして、広告動画は最初のインパクトが非常に大事なポイントです。前述した通り、ユーザー側が不要な広告動画と判断した瞬間にその広告動画はスキップされてしまいますので、最初の5秒間はとても重要です。5秒間は制作側からすれば非常に短い時間でかつこの5秒間にその企業の全てを詰め込むイメージで動画を制作しますので、最も時間をかける部分であると言えるでしょう。具体的にどのような広告動画を作れば良いかという部分はどうしてもそれぞれ異なってきますので、正確にはお伝えできませんが、イメージとしては、5秒後からの続きをユーザーが見たいと思うような広告動画を作れれば、企業側としてはその広告動画を作った効果があると言えるでしょう。

Published by