広告動画のメリット

インターネット上に数多く存在している広告動画ですが、そもそもなぜこの広告動画はここまで優れていて、どんな点が他の広告よりも優れているのでしょうか。今回はそんな広告動画のメリットをみなさんにご紹介させていただきます。

広告動画の最大のメリットを考えたときに、一つのことわざが思い浮かびます。そのことわざは「百聞は一見にしかず」ということわざです。このことわざは日本人であれば、多くの人が知っていることわざでしょう。意味としては、その言葉通り、百回聞くよりも一回見ることにはかなわないという意味です。広告動画はまさにこの言葉の意味通り、人間は視覚的に伝えられた方が物事の印象が強く残り、それがインパクトのあることであれば記憶に更に長く残る為、人間の特徴を的確に捉えた広告方法であると言えるのです。つまり、広告動画は分かりやすく映像でユーザーに伝えることができる動画であれば、これ以上ない広告方法となるのです。逆を言ってしまうと分かりづらい動画であれば、ユーザーにとっては何も印象に残る動画ではないので効果的な広告動画とは言えません。

広告動画が他の広告と何が違うのか?というところでは、ユーザーがその広告を見たいと思わなくても強制的に広告動画が流れますので、多くのユーザーの目にその広告動画が留まりやすいという点にあります。従って、非常にインパクトがある広告動画を制作することができれば、多くのユーザーに自社の広告動画を見てもらえる可能性が高くなり、多く閲覧してもらえることで、その企業の利益にも直結しやすいという点が、他の広告と広告動画の違いと言えるでしょう。

効果的な広告動画②

動画投稿サイトなどの動画を閲覧する際の最初に流れる広告動画。この他にも広告動画はありますが一概に言えることとすればCMなどの広告動画とは違って、インターネット上内での広告動画はユーザーが必要ないと判断すればスキップをして見られない場合が多くあるというところでしょう。スキップされない為にも広告動画を制作する上では、注意点があります。

まずは広告動画の性質上、CMとは違って必ずしも音が出る状況下にユーザーがいるとは限らないので、音声がなくてもユーザーに分かりやすく伝わる広告動画を制作するように、常にそのことを意識しながら広告動画を制作しなければいけません。インターネット上で動画を閲覧する人の中には、電車やバスなどの公共交通機関内に音声なしで動画を閲覧する人も多い為、音声ありきの広告動画を制作することはあまり効果的な広告動画とは言えません。従って、動画には字幕やテロップを付けるなどの工夫を施し、音声なしのユーザーにも伝わる広告動画を制作することを心掛けましょう。

次の注意点として、完璧な広告動画を制作し、ユーザーが全ての広告動画を閲覧したという状況を想定してみて下さい。ユーザーの心理としては、もしその広告動画が商品を紹介している広告動画であれば、その商品が欲しいかも、と思う人が多いはずです。そのときに肝心のどこでその商品が買えるのか、ということが分かる誘導導線に繋がっていないと、いくら完璧な広告動画を制作できたとしても、ユーザーはその商品を買うことができません。従って、広告動画の最後には、商品の申し込みページや問い合わせ先などを差し込むことを必ず忘れないようにして下さい。何が何でもほしいという商品以外は、ユーザーはわざわざ商品が買えるところを自分で調べて買ってくれる人はそう多くはないからです。

効果的な広告動画①

広告動画を最も効果的に制作するのであれば、広告動画制作を行っている会社、つまり動画制作会社に依頼するのが最も効率的でかつ高いクオリティの広告動画を制作してくれることになるでしょう。そんな広告動画ですが、制作会社が広告動画を作る上で効果的なポイントがいくつかありますので、今回はそんな広告動画のポイントをみなさんにお伝えします。

まず、広告動画はその性質上、多くの場合ユーザーに見られないことが多い為、いかにしてユーザーの興味を広告動画に引かせるのかがポイントとなります。そのポイントの一つとして挙げるとするならば、あえて自社の会社名や商品名を出さないということがポイントと言えます。これはどういう意味かと言うと、広告動画の最初に会社名などを出すことで、ユーザーはもし知っている会社であれば既に知っているので見ない可能性がありますし、知らないユーザーは知らないから見ないという結論に瞬時に判断し、その広告動画をスキップしてしまいます。この心理を逆手に取り、企業名や商品名をあえて出さずに最後までどんな会社なのだろう、どんな商品なのだろう、と思わせ、最後に企業名や商品名を出し、ユーザーに認知してもらう広告動画はとても効果的です。

そして、広告動画は最初のインパクトが非常に大事なポイントです。前述した通り、ユーザー側が不要な広告動画と判断した瞬間にその広告動画はスキップされてしまいますので、最初の5秒間はとても重要です。5秒間は制作側からすれば非常に短い時間でかつこの5秒間にその企業の全てを詰め込むイメージで動画を制作しますので、最も時間をかける部分であると言えるでしょう。具体的にどのような広告動画を作れば良いかという部分はどうしてもそれぞれ異なってきますので、正確にはお伝えできませんが、イメージとしては、5秒後からの続きをユーザーが見たいと思うような広告動画を作れれば、企業側としてはその広告動画を作った効果があると言えるでしょう。

広告動画とは?

近年、スマートフォンの利用増加も含め、以前にも増して広告動画は増えてきており、またスマートフォンやタブレット、パソコン利用者が広告動画を目にする機会が増えてきました。今回はそんなさまざまな企業や団体が自社や商品などを知ってもらう為に利用している、広告動画についてみなさんにご紹介させていただきます。

少し馴染みがない言葉かもしれませんが、広告動画は大きく二つに分かれています。一つはインストリーム動画、もう一つはアウトストリーム動画と呼ばれる広告動画です。まずインストリーム動画と呼ばれる広告動画について説明します。このインストリーム動画とは、みなさんに分かりやすく説明するのであれば、誰でもアカウント登録をするだけで利用ができる動画投稿サイトのことを指します。実際に動画投稿サイトを利用されている方は分かるかと思いますが、自分が閲覧したい動画の本編が流れる前にその動画とは違う広告動画が流れるのですが、それがインストリーム動画です。インストリーム動画にも種類があり、その動画を全て閲覧しなければ本編が見られない広告動画や、全て見なくても途中でスキップできる広告動画などがあります。

次にアウトストリーム動画ですが、インストリーム動画とは異なり、インターネット上のWebメディアの広告枠に動画を配信するタイプのことをアウトストリーム動画と呼びます。分かりやすく説明すると、大手検索サイトなどに掲載するいわゆるインバナー広告と呼ばれる動画広告や、ブログ記事などに掲載され、その動画広告にポイントを当てると自動で動画が流れるインリード動画広告などがアウトストリーム動画と呼ばれる広告動画です。